気まぐれkokoブログ

はじめまして。このブログでは、愛猫ココの様子やペット情報などの雑記をしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

猫の歯周病ほうっておくと命の危機に!!

皆さんは、愛猫のはみがきをどうされていますか?我が家では、毎日磨いてあげたいのですが、ココが嫌がるのでなかなか難しいです。ですが、歯磨きをせずにそのままにしておくと、歯周病になってしまいます。歯周病を放っておくと、さまざまな病気になる危険性が高くなります。

そこで、今回は、歯周病が引き起こす病気と歯周病を防ぐ為の歯みがきの仕方について、お話していきたいと思います。

歯周病が引き起こす症状

まず歯周病が引き起こす病気とその症状についてご紹介します。

口鼻ろう官 
上あごの犬歯を支えている歯槽骨にまで歯周病菌が侵入し、骨を溶かすことで起きる病気。骨が溶けた部分が穴となって口と鼻が貫通し、鼻から唾液や食べ物が出たり、出血したりします。


外歯ろう、内歯ろう 
歯周病菌があごや頬の骨を溶かして穴を開け、そこで炎症を起こす病気です。目の下や頬など皮膚に穴が開く場合が外歯ろう。口の中にできる場合を内歯ろうといい、穴から膿や血液などが出ます。


全身性の疾患 
歯周病菌や毒素が血液中に入り込み、全身にまわって心臓、腎臓、肝臓などの疾患を引き起こすことがあります。アンモニアが分解されたようなにおいがしないか口臭チェックしましょう。         
「かわいい猫の飼い方・しつけ方」安房中央動物病院獣医師[監修]作佐部紀子から引用。

私は、今までこうした病気があること知りませんでした。どの病気も症状をみると、とても怖い病気ばかりです。今回「かわいい猫の飼い方・しつけ方」を読んで、歯磨きをしないと命の危険があることを初めて知りました。改めて猫を飼うには、気を付けなければいけないことが、たくさんあると思い知らされました。

歯磨きをする際に気を付けること

歯周病を防ぐ為には、歯磨きをすることが大事です。その際には、まず気をつけることがあります。我が家では、愛猫の歯磨きをする前に膝にのせて、体や顔のマッサージをし、スキンシップを充分にとるようにしています。それから、歯磨きをはじめるのですが、やはり嫌がります。無理強いすると、歯磨きが嫌いになってしまいますので、時間をかけてゆっくり慣らしていくように気を付けています。

 

歯磨をする時に準備したもの
  • 市販の歯磨きシート
  • 猫用歯ブラシ(子供用の小さめの歯ブラシも可)

まずは、市販の歯磨きシートでのお手入れに慣らすところから始めました。それができるようになってから、猫用の歯ブラシを使った方がうまくいきます。

 

歯磨きの仕方

(市販の歯磨きシートを使う場合)

      1. まず愛猫を膝に乗せて、マッサージをしてスキンシップを充分にとります。愛猫がリラックスしてきたら、歯磨きに取りかかります。
      2. 歯磨きシート人差し指に巻き、歯の表面をこすります。
      3. 片方の手で口の端をひっぱり、奥歯歯茎さかいをふきとるようにこすります。

f:id:Honeychang:20200131191413j:image

我が家では、こちらの歯磨きシートを使っています。30枚入りで、ちょうどいい大きさなのでおすすめです。

(歯ブラシを使う場合)

f:id:Honeychang:20191224130704j:image

我が家では、猫用歯ブラシが高いので、子供用の小さな歯ブラシを使用しています。

まず、歯ブラシに猫用の歯磨きジェルを付けます。今回使ったものはチキン風味です。口の端から頬にそって、歯ブラシを奥へすべり込ませて、こきざみに動かして歯をきれいにします。

f:id:Honeychang:20200131191431j:image

我が家では、これを使っています。チキン風味なので、美味しいのか歯ブラシに付けると舐めたり、かじったりしています。なかなか上手には磨けませんが、まずは、歯ブラシに慣らすことから始めています。

 

歯磨きおやつ

f:id:Honeychang:20200131195526j:image

歯磨きが苦手な場合は、おやつを利用してみるのもお勧めです。おやつを噛むことで、歯垢こをからめとってくれるそうです。愛猫は、この歯磨きおやつが好きです。

 まとめ

今回は、我が家で行っている愛猫の歯みがきの仕方についてお話してきました。歯石をほおっておくと歯周病になります。歯周病をそのままにすると、怖い病気になってしまうかもしれません。それを防ぐためには、やはり歯磨きをすることが重要です。

ただし、愛猫が歯磨き嫌いで、どうしても難しいケースもあります。そうした場合は、家庭でのケアには限界がありますので、歯石がついてしまったら、動物病院で除去してもらうことも考えた方が良いです。

私たちもそうですが、猫にっとっても歯みがきって大事ですね。

 

参考文献

「かわいい猫の飼い方・しつけ方」安房中央動物病院獣医師[監修]作佐部紀子

 

 

 

 

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村