気まぐれkokoブログ

はじめまして。このブログでは、愛猫ココの様子やペット情報などの雑記をしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

猫の気持ちを知る方法

猫の気持ちを知るには?

今回は猫の気持ちがわかる方法をご紹介します。

まず1つ目はしっぽです。以前から、猫の気持ちが、しっぽに表れているという話をどこかで聞いたことがありました。我が家では、愛猫のココがしっぽをふっていると「これどういう気持ちなの?」と息子たちが聞いてきます。その度に本やネットで調べていました。

2つ目は居場所です。皆さんの愛猫はいつも何処にいて、どんな場所が好きですか?猫の気持ちは、居場所に表れているようです。

そこで、今回は、猫のしっぽの状態と居場所からわかる気持ちについて、お話していこうと思います。

ねこのしっぽの状態とその時の気持ち

猫のしっぽを見ていると、実にいろいろな動きをしています。しっぽには、猫の気持ちがよく表れています。しっぽを見て猫の感情がわかると、猫とのコミュニケーションにとても役立ちますので、注目してみましょう!

それでは、猫のしっぽの状態とその時の気持ちについて、主なものをご紹介していきたいと思います。

しっぽが上に直線的にぴんと立っているとき

これは、気分がいい、ご機嫌なときです。子猫が母猫に甘えているポーズでもあり、飼い主に対しても慣れ親しんでいる証拠です。

f:id:Honeychang:20191212121723j:image

うちのココもしっぽを立てながら近寄ってくることがよくあります。そうすると、機嫌が良く、親しみを持ってくれているのがわかりますので、頭を撫でたり、抱っこしたりしやすくなります。

しっぽを大きくゆっくり振っている

これは、機嫌がよく安心しているときです。リラックスをして、楽しんでいる状態なので、あまり構わずそっとしてあげた方がいいでしょう。

f:id:Honeychang:20191212115951j:image

ココは、網戸をよじ登るのが大好きで、てっぺんまで登ると気分がいいのか、よくしっぽを大きく振っていました。楽しいのはわかるのですが、網戸が破れて脱走すると困るので、いまは登らせないようにしています。

しっぽを左右にブンブンと振っているとき

イライラして怒っているサインです。しつこく撫でたり、嫌がっているのに無理やり構ったりすると、この動きになります。猫が怒っているのでやめてあげてください。

息子が無理やりココを抱っこしたときに、よくしっぽを左右に振っています。犬の場合は、喜んでいるときにしっぽを振るので、猫も同じかと思っていたら真逆でしたね。

 

毛が逆立ってしっぽがふくれているとき

驚いたとき怖がっているときのサインです。知らない人や急に知らないものが出てくると、毛をぶわっと逆立てます。背中の毛まで逆立っているときは、とても驚いている時です。

ココもびっくりしたときに、しっぽが大きくなって毛がぶわっと逆立ちます。何に驚いているのかわからない時もあるのですが、おもしろい反応ですね。

しっぽを巻きつけているとき

座って前足を隠すようにしっぽを巻き付けているときは、ゆったりとして、リラックスしているときです。気分が良い状態なので、邪魔せずにそっとしておいた方がよいでしょう。

f:id:Honeychang:20191212115655j:image

どこを見てるのかわかりませんが、しっぽを巻きつけているので、リラックスして良い気分なんでしょうね!

 

しっぽが大きく上にまがっているとき

これは、気分がいいときにします。遊んでいたり楽しんでいる証拠です。大きく曲がるほど、エンジョイしています。

f:id:Honeychang:20191212114744j:image

ココは、ペットボトルキャップやオモチャで遊んでいる時によくしっぽが曲がってました。楽しいんですね!

 

しっぽを体の下に巻き込んでいるとき

これは、怖がっているときです。強い相手に対して自分を弱く見せるという猫の本能的な仕草です。知らない人がいたりして、恐怖で動けない場合になります。

f:id:Honeychang:20191212135655j:image

ココも知らない人が来ると、隠れてしっぽを体の下に巻き込んでいることがありました。怖がっていたんですね。猫はストレスに弱いので、気をつけてあげないといけませんね。

 

猫のしっぽの動き、いろいろありましたね!

今回、猫のしっぽの動きを調べたおかげで、ココを見た時には、まずしっぽに目がいくようになりました。

 

猫の居場所とその時の気持ち

猫は警戒心が強いので、安心できる居場所を見つけて、そこにいることが多いです。それでは、愛猫のココがよくいる場所を紹介しながら、その時の気持ちについて考えていきたいと思います。

窓側など外が見える場所にいるとき

f:id:Honeychang:20191230205610j:image

ココは、外を見るのが大好きです。

f:id:Honeychang:20191230205710j:image

いろいろと場所を変えながら、よく外を見ています。猫が外を見ている時は「ワクワク、ドキドキ」しています。これは、期待や喜びの表れです。うちのココは家猫なので、外に出たことがありません。外にいる鳥を見つけた時に「キャキャキャッ」のような不思議な鳴き声をあげて、興奮しているときがあります。

「外に出て獲物を捕まえたい!」そんな気持ちが表れているのかもしれないですね。

 

毛布など柔らかい場所にいるとき

「ココがいないなぁ」と思って探してみると、毛布やお布団などの柔らかくてふかふかした場所にいることがよくあります。この場所では、ふみふみしながら、ゴロゴロと喉をならしていることが多いです。

f:id:Honeychang:20191230205844j:image

猫が柔らかい場所にいるときは、赤ちゃん返りをして、母猫に甘えているような気持ちです。

このゴロゴロ音には、「子猫が母猫に満足を伝えるサイン」や「要求」の意味があるそうです。要求のゴロゴロは、人間の赤ちゃんの泣き声と同等の周波数で、それを聞くと私たちは、すぐに要求を聞いてあげたくなるそうです。ゴロゴロには、そんな意味があったんですね。

 

狭い場所にいるとき

これは、テレビボードの後ろから、入り込んだココの様子です。一見、閉じ込められているように見えますよね。

f:id:Honeychang:20191230210106j:image

でも、出してあげても毎回入るので

この中がお気に入りなんでしょうね。

f:id:Honeychang:20191230210208j:image

野生の猫は、木のウロや岩穴などを寝る場所や隠れ家にしていました。その為、せまい場所にいると、安心感があって心地いいのです。

だから、狭い場所に入りたがるんですね〜。

 

暗くて狭い場所にいるとき

f:id:Honeychang:20191230210310j:image

これは、洗面台の下に入って、身をひそめて隠れている様子です。この時は、「誰にも気づかれたくない、ひとりでいたい」という気持ちの表れや隠れて獲物を狙っている場合もあります。

おまけ

f:id:Honeychang:20191230210335j:image

ソファーが膨らんでいますが

この中にココがいるようです。

f:id:Honeychang:20191230210427j:image

カバーをめくるとやっぱりいました。

たまにいないと思ったら、

中に入ってる時があるんですよね。

 

高い場所にいるとき

f:id:Honeychang:20191230210555j:image

これはケージの上から、眺めているココの様子です。猫は高い場所が大好きです。「何でそこに登ったの?」なんてこともよくあります。

野生の猫は木の上にいることで、敵に見つからないようにしたり情報を得たりしていました。猫にとって高い場所は、敵に見つかりにくい安全な場所です。

そこで、「安全な場所から情報をキャッチしたい」または「ライバルよりも上にいたい」そんな気持ちの表れです。

それで上にいるのが好きなんですね。

 

飼い主の側にいる時

f:id:Honeychang:20191230210641j:image

これは、主人の側で気持ち良さそうにしているココの様子です。

この時の猫の気持ちは、飼い主に対して親しみと愛情に満ちています。

飼い主の足にすりすりしてくる時は、自分のにおいを付けて安心したり、おねだりしたい時です。足にすりすりされると、ついついおやつをあげたくなってしまいますね。

 

終わりに

今回は、猫の気持ちを知る方法についてご紹介してきました。

猫は犬と違って何を考えているのかわからない、気持ちが分かりづらい動物と言われておりますが、猫のしっぽや居場所を見ることで、気持ちを知ることができます。

これは、愛猫を理解したり、コミュニケーションをとるのに役立ちます。

愛猫のしっぽや居場所を気をつけて見てください。何か新しい発見が、あるかもしれないですよ。

 

参考文献
  • 『ねこのきもち11月号』(Benesse)
  • 『ねこほん 猫のほんねがわかる本』(マンガ卵山玉子✖️監修今泉忠明 西東社)

 

 

にほんブログ村 猫ブログへ
にほんブログ村