気まぐれkokoブログ

はじめまして。このブログでは、愛猫ココの様子やペット情報などの雑記をしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

旅行先で地震にあったらどうする?事前に準備しておくこと

最近、地震がとても多いです。数日前には、青森で震度5弱の地震がありました。その前は関東で地震が連発しています。東北大震災の余震という話もあれば、首都直下型地震の前触れとも言われています。そこで、今回は旅行先で震災に遭ったときの為に、準備しておくことについてご紹介したいと思います。

私が旅行の前に準備したこと

携帯のモバイルバッテリーの準備

今やスマホは、旅行の際になくてはならないものです。旅先で家族と別行動をとった時に、スマホのバッテリーが切れそうになり、とても焦った記憶があります。平時でもスマホが使えなくなると困りますが、震災に遭った時は尚更です。震災の混乱で、家族とはぐれてしまうかもしれません。その際に連絡の手段がなければ途方にくれてしまうでしょう。

また震災にあった場合には、まず正確な情報を得ることが大事になります。肝心な時にスマホが充電切れで使えないことがないように、必ず準備しておきましょう。私は、充電式のモバイルバッテリーと電池で充電できるタイプを持参しました。

  • モバイルバッテリーの充電式タイプ

f:id:Honeychang:20191221162854j:image

こちらは、ドコモショップで買ったものです。モバイルバッテリーは、発火の危険性があります。落としたり強い衝撃をあたえないように、気をつけて使いましょう。

  • 電池で充電できるタイプ

f:id:Honeychang:20200103202023j:image

こちらは、単三電池4本で充電出来ます。コンパクトなので、持ち運びに便利です。

  • 手動や電池でも充電できるタイプ

f:id:Honeychang:20191222191359j:image

f:id:Honeychang:20191222191412j:image

f:id:Honeychang:20191222191425j:image

こちらは、手動や電池でも充電できます。

ソーサーパネルで内臓バッテリーを充電することもできます。小型でラジオや懐中電灯としても使えるので、とても重宝します。

 

旅行先の地図を準備しておく

土地勘のない旅行先で震災に遭うと、自分が何処にいるのか、避難場所はどこか等わからないことだらけです。事前に地図を用意しておくと役立ちます。私は、旅行ガイド本を1冊用意しました。こちらには、地図や交通アクセス等が載っているのであると便利です。

 

軽食の準備

私は、旅行をした時にのど飴やガムをよく食べます。旅先で乾燥して喉が痛くなることがあるので、そんな時に喉飴があると重宝します。またご飯の後に歯磨きが出来ない時は、ガムを噛んで代用します。この二つは、私の中では旅行の際の必需品です。

震災になると、コンビニやスーパーなどのお店に人が殺到するため、欲しいものが手に入らない場合があります。そこで、上の二つにプラスして、チョコレートやゼリー飲料・バランス栄養食などの軽食や500mlの水を1本準備しました。他には、マスクやカイロなどもあるといいでしょう。

f:id:Honeychang:20191226165910j:image

これらを実際にリュックに入れてみました。

f:id:Honeychang:20191226165928j:image

こんな感じです。背負ってみましたが、それ程重くありませんでした。

保険証の準備

旅行先で体調を崩した時に必要になりますので、必ず準備してください。薬を飲んでいる方は、多めに持っていきましょう。

旅先で子供がお腹を壊したり、熱を出すことはよくあることです。子供が小さい頃に実家に帰った際に、よくお腹を壊すので、必ず保険証を持参していました。

 

防災アプリ

f:id:Honeychang:20191221164440j:image

速やかに震災の情報が、手に入りるように、こちらの防災速報アプリをダウンロードしておきました。他には、あまり使用していないアプリを削除してバッテリーの消耗を減らすようにしました。

現金

災害の際は、キャッシュレス決済が使えなくなる場合がありますので、現金を準備しておいた方が良いです。公衆電話を使う際の小銭も用意しておきましょう。

 

スマホが使えなくなった時の為に

スマホをなくしたり、壊れてしまうことがあるかもしれないので、宿泊先の電話番号や住所等、主な連絡先を手帳に書いておきましょう。

 

家族や友人に旅行のことを伝えておく

家族に日程や行先を伝えておく。知らない間に被災してたということのないように、一緒に住んでいない家族にも知らせておいた方がいいですね。

 

災害伝言ダイヤルの使い方

皆さんは、災害伝言ダイヤルを実際に使ってみたことがありますか?

私は、使用したことがありませんでしたが、今回実際に録音と再生をしてみました。災害時に慌てないように、一度体験してみた方がいいですよ。

災害伝言ダイヤルとは

災害時に、固定電話、携帯電話・PHSなどの電話番号あてにメッセージを録音し、全国からそのメッセージの確認ができます。

操作手順

(録音するとき)

  • 「1 7 1 」をダイヤルします。
  • 録音は 「1 」を、

(暗証番号を利用した録音は「3」です)

  • 被災地の方の「電話番号」を入力

携帯電話の番号でも利用できます。

  • 続けて「1」を入力

(ダイヤル式の方はそのままお待ちください)

  • メッセージを録音
  • 「9」で終了

※録音するときは、①名前 ②安否情報 ③居場所 ④次はいつ連絡するかなどを伝えます。

 

(再生するとき)

  • 「1 7 1 」をダイヤルします。
  • 再生は「2」を、

(暗証番号を利用した再生は「4」です)

  • 被災地の方の「電話番号」を入力

携帯電話の番号でも利用できます。

  • 「1」で伝言の再生開始

(ダイヤル式の方はそのままお待ちください)

  • 繰り返し再生は「8」
  • 次の伝言の再生は「9」
  • 再生後のメッセージの録音は「3」

 

以下の日程で、実際に災害伝言ダイヤルの体験ができますので、これを機会に試してみてください。

お正月に家族や親戚が、集まった時に話題にしたり、実際にやってみるといいですね!

体験利用提供日

  • 毎月1日,15日 00:00~24:00
  • 正月三が日(1月1日00:00~1月3日24:00)
  • 防災週間(8月30日9:00~9月5日17:00)
  • 防災とボランティア週間(1月15日9:00~1月21日17:00)
「171」「web171」ポケットガイドの作り方

171ポケットガイドでネット検索すると

f:id:Honeychang:20191222114306j:image

こんな感じで印刷できます。

ハサミで切って折ると

f:id:Honeychang:20191222114416j:image

小冊子が2つ出来ます。

f:id:Honeychang:20191222114451j:image

スマホのケースに入れるとピッタリ入りました。こんな風にいつでも取り出せるところに、入れておくといざという時に便利です!

【追記】

お正月に実家に帰った際に、両親と兄夫婦と一緒に災害伝言ダイヤルを利用してみました。母は、かなり手こずっていましたが、何とか使えるようになりました。災害の時に焦らないように、やっぱり普段から練習しておいた方がいいですね!

他には、家族のグループLINEを作りました。LINEは、東北大震災の教訓を経て作られたもので、LINEの既読の機能は、震災の時に役立てる為にできました。震災の時には、メールよりもLINEの方が、繋がりやすいということもあるようです。いざという時にスムーズに連絡が取れるように家族のグループLINEを作っておくことをお勧めします。

終わりに

震災に遭うかどうかは、運だから仕方ないという人がいますが、実際にその時になったら、そんなことでは済まされないと思います。事前に準備できる事があるのであれば、やっておくのに越した事はありません。

自分がどこにいる時に、地震が来るかによって対処が違います。ホテルにいる場合、外出中など自分でシュミレーションしてみることも大事です。

今回の旅行では、2つのホテルに宿泊しましたが、どちらも非常口や避難経路の詳しい説明はなく「自分で確認をしてください。」ということでした。以前は、荷物を運びながらお部屋に案内してくれて、その際に非常口も一緒に確認できたのですが、今はそんなことはしてくれません。部屋に行く時に、自分達で非常口と書かれている場所を確認し、部屋の地図でも見ましたが、実際に避難できるかどうかは自信がありません。これまで、経験していないことは、上手くできるかどうか、わからないからです。それでも、意識しているのとしていないのでは違いますので、出来ることをやっていくしかないと思います。

 

おまけ

f:id:Honeychang:20191222082214j:image

今日のココです。

この中が好きでよく入ってます♪

f:id:Honeychang:20191222105133j:image

そして、やはりここにも( ^ω^ )