気まぐれkokoブログ

はじめまして。このブログでは、愛猫ココの様子やペット情報などの雑記をしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

生まれ変わるなら、犬と猫どっちになりたいですか?

 

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

 

今週のお題は「ねこ」ですが、「よく犬派かネコ派どっち?」なんて質問をする人がいますが、私はどちらでもありません。

どちらも好きですし、犬には犬の良さがあり、猫には猫の良さがあるから選べないのです。

 

犬と猫への向き合い方の違い

 

人に例えるなら、犬は子供で、猫は孫のような存在じゃないでしょうか?

犬は、しつけが必要です。人を噛まないように小さいうちから教えたり、トイレのトレーニングもしなければいけません。

ですが、猫は、そもそもしつけること自体が難しいので、しつけるという概念自体がありません。トイレは、ウンチやオシッコを砂に隠すという猫の習性があるので、自然とできるようになります。

獣医さんに、「愛猫が手を噛んでくることがありますが、どうすればいいですか?」と聞いたことがありますが、「本気で噛んでこないでしょ。猫は、犬のようにはしつけできないよ。」と言われて、そういうものかと納得しました。

この違いを考えると、子供は親の責任として、しつけが必要ですが、孫のしつけの基本は親なで、祖父母は可愛がるだけでいいという関係性に似ています。犬と猫では、飼い主の向き合い方というか、スタンスが少し違うと思います。

子育てでは親の責任として、しつけをしなければいけません。子育て中の身としては、動物のしつけまでするのは、正直言って疲れてしまいます。

そういう意味では、猫の方が私にとっては、いいのかもしれません。

 

犬と猫どちらになりたいか?

 

テレビ番組で、犬の芸を披露する飼い主がいますが、あれは見ていてちょっと疑問を感じてしまいます。

計算のできるワンちゃんがでてきて、2+1と飼い主がいうと、3回吠えるというようなものです。

「そんな事してなんの意味があるのか?」と疑問を感じてしまいます。飼い主の自己満足ですよね。ワンちゃんとしては、褒めて貰いたいし、ご褒美もほしいので、健気にやるのですが、カメラの前では緊張して、本来の実力が発揮できないこともあります。

一見、微笑ましい光景でもありますが、意地悪く見ると、毒親が子供を管理しているようにも見えてしまいます。

人それぞれの感じ方の違いなので、言いとか悪いというつもりはありません。ただ、そう感じる人もいますよという話しです。

 

犬と猫どっちになりたいかと言われれば、私は断然猫になりたいですね。

 

箱入りココさん!

 

f:id:Honeychang:20200224114722j:image


f:id:Honeychang:20200224114725j:image


f:id:Honeychang:20200224114730j:image

うちは、おいなりさんじゃなくて、えび満月です( ^ω^ )