気まぐれkokoブログ

はじめまして。このブログでは、愛猫ココの様子やペット情報などの雑記をしていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

手作りにんじんジュース、おすすめです!

今回は、人参ジュースのご紹介です。

数年前に病気で体調を崩していた時に、手作りの人参ジュースを毎日飲んでいました。体調が良くなってからは、飲んでいなかったのですが、最近鼻炎がひどくなってきたので、また飲み始めることにしました。

人参ジュースの作り方

まず、人参ジュースの材料と作り方をご紹介していきます。

f:id:Honeychang:20200117132202j:image

材料
  • 人参       大2本
  • りんご       1個
  • レモン       1個
  • オリーブオイル ティースプーン1杯
  • ハチミツ    大さじ1

これで、コップ2杯分(大体400ml)出来ます。

f:id:Honeychang:20200117132217j:image

こっちに来たそうにココが眺めています。

f:id:Honeychang:20200117132232j:image

やっぱり、来ましたね!ココがいると、先に進まないので、ケージの中に入ってもらいました。

では、始めます。

材料は、皮付きのまま搾っていくのでよく水洗いします。

レモンを選ぶ時は、外国産のレモンは、防カビ防止剤が気になるので、国産のものを選んだ方が安心です。国産のレモンは高いのですが、マイヤーレモンは少し安かったので、今回は国産のマイヤーレモンを選びました。

まず、レモンをスクイーサーで絞ります。レモンは縦に切った方が絞りやすいです。

f:id:Honeychang:20200117132250j:image

f:id:Honeychang:20200117132326j:image

絞ったレモンをジュースのカップに入れます。

レモンを先に絞って入れておくことで、りんごの酸化を防ぐことが出来ます。

人参には、ビタミンC破壊酵素(アスコルビナーゼ)が含まれています。この酵素は、熱や酸に弱いので、人参を生でジュースにする場合は、レモン汁を入れる必要があります。レモン汁がなければ、りんご酢などのお酢でも良いでしょう。

f:id:Honeychang:20200117132354j:image

りんごは、8等分にしました。

f:id:Honeychang:20200117132409j:image

人参はこれぐらいの大きさに切りました。

りんご、人参の順でスロージューサーに入れて搾っていきます。

f:id:Honeychang:20200117132430j:image

ジュースの量はこれぐらいですが、けっこう、搾りかすがでましたね。

搾りかすの再利用をしたい場合は、ホットケーキやキーマカレーに入れると良いですよ。

f:id:Honeychang:20200117132452j:image

ジュースにオリーブオイルとハチミツを入れて混ぜます。

人参に含まれるβカロテンは、油と一緒にとった方が吸収率がアップするので、オリーブオイルを加えました。

f:id:Honeychang:20200117132508j:image

コップ2杯分の人参ジュースが完成しました。

お味はというと、レモンが1個入っているので、酸味があって、人参臭さはほとんど感じませんでした。

酸っぱいのが苦手な方は、レモンの量を減らすかハチミツの量を増やしてください。

私は、人参ジュースを作るのが大変な時は、冷凍の人参ジュースで代用していました。

冷凍の人参ジュースは、ピカイチ野菜君の物が有名です。こちらでは、無農薬で化学肥料不使用の人参を使用しています。搾りたてを冷凍するので、美味しさがそのままです。ボールに水をはって入れて置くと、数分で飲めるようになりますよ。

手作り人参ジュースのオススメポイント

搾りたての生ジュースには、失われやすいビタミン、ミネラル、抗酸化物質や酵素が豊富に含まれています。

手作りの人参ジュースを作る時に、スロージューサーを使うことで果物や野菜の栄養素をあまり壊さずに作ることができます。

スロージューサーは、じっくりと絞り出すため摩擦熱がほとんど生じず、そのため栄養を壊さずにしっかりと取ることができるのです。

今回ご紹介した人参ジュースは、人参、りんご、レモンで作りました。

人参には、免疫力を高めるβカロテンが豊富です。βカロテンは抗酸化作用があり、癌や生活習慣病を予防してくれます。加えて、体内でビタミンAに変わり、皮膚や粘膜を保護して抵抗力を高めて風邪を予防してくれます。

レモンには、体内の代謝を正常にするクエン酸が豊富に含まれていて、発がんを促す活性酸素を消す作用もあります。

りんごは、腸内環境を改善して、免疫力を高めてくれます。りんごの皮には、アントシアンなどの抗酸化物質が多く含まれているので、皮もとることをおすすめします。

ジュースにすることで、果物や野菜の皮に含まれる栄養素もまるごと、効率良くとることができるのでおすすめです。

最後に

今回は、人参ジュースをご紹介しましたが、旬を迎えた野菜は、栄養素が豊富に含まれておりますので、小松菜などの旬の野菜を使ってアレンジしてみるといいですよ。

 

おまけ

f:id:Honeychang:20200117132526j:image

ジュースが完成したので、ココのケージの扉を開けます。

どうやら寝ていたようですね( ^ω^ )